スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さくらの季節~。

今日は、病院で定期検査のひでした。
あいかわらず、好酸球菌さんが活発らしく、数値上がってた・・・・・。(´・ω・`)
 
車で運転中、いろんなところで桜が咲いていて、目の保養をしながら帰ってきたのですが・・・・・。
途中で残念というか、ショックというか・・・・自分がそんなことするはめになるとは思わず
まだ、ひきずっております・・・。追記に書くから見たい人はどうぞ。

■ 桜がさいてますよ~。(健軍自衛隊通り)
写真さくらa

■ 猫らはよく寝てます。
写真ねこ


ことろで、みなさんに質問です。
交通事故にペットが遭遇した時、すぐにどこに連絡いれたらいいんでしょう。
今回、悩んだので・・・・。(自分のペットもだけど、みしらぬペットの場合)

動物病院?保健所?警察?
人だったら「救急車!」とか、なんとか考えつくんですけどね~。




帰る途中、前方の車がゆっくりと何かをよけて走って行く。
よーくみると、犬をよけている。国道をうろうろしている、変な小型犬だったのね。
どうもここらへんの野良じゃなさそう。
犬種は詳しくないのでわかりませんが、シュナウザーを小さくしたような黒のワンコ。

道を一人でうろうろしていて、国道だから車の通りもとても多い。
なんか気になって、一瞬車を停めて降りてみようかと思ったけど、この場所で車は
停められない・・・。とおり過ぎたけど、もしかしたら呼んだら拾えるかもしれん。
拾ってから、近くのガソリンスタンドにでも、預けよう・・・と思って車を引き返す。

・・・・・・・・・・・・・・・・おそかった・・・・。轢かれてる。でもまだ体はきれい。
ヘタすると大型トラックとかじゃんじゃん通るので、みじんこになる場所。
とにかく、通る車に止まって貰って体を抱きかかえてくる。
まだ、あったかいけど首がもうダランとしてるし、動かない。道でみた頭が動いたのは最後の力
だったのかもしれん。目は開いてるけど動いてない。ダメかな・・・・。
でも、道路わきの草むらに放置するわけにもいかんので、すぐ近くのガソリンスタンド
に連絡取ろうと、歩いていったらスタンドの従業員とおじいさんが歩いてくる。

聴いて見ると、おじいさんが飼い主らしい・・・・。
そのガゾリンスタンドで洗車している途中だった。ワンコはその車に乗っていたらしく
姿が見えないので探していたら、私が来た・・・・というところだった。

私もなりゆきでひろった亡骸だったけど、おじいちゃんの反応が鈍い。
まだ、状況が飲み込めてないのかワンコの体を無造作にさわりまくるんだけど、
ちょっと気になったので、念のため今すぐ動物病院にいって判断してもらうように伝えた。
ダメだけど、もしかした脳震盪で気絶だけかもしれない、蘇生する可能性もあるかもしれないから
近くの動物病院を教えた。

ワンコの名前は「はなちゃん」 女の子だったよ。お腹におっぱいがたくさんあって
子供生んだことのあるお腹だった・・・。からだも元気そうだったし、痩せてもいなかった
たぶん、大事な家族の一員だったと思う。

でも、首輪はリボン(よくクッキーとかに結んであるやつ)
紙おむつはめてた。首輪ではなくリボンってことは、日ごろ
リボンでも大丈夫な生活をしてたんだろうな。

車にはキャリーはなかった。リードもなかった。

飼い主のおじいちゃんは「ごめんね。はなちゃん。ごめんね。」
って言ってたけど、ほんとに飼い主の不注意としかいいようがない。

よく、孫をつれていったおじいちゃんが孫を事故に合わせるのは
こんな感じだろうな・・・と思ったよ。

はなちゃん、私があの時前後の車を気にせず、車を停めて
呼び寄せてればよかったよ・・・・。ほんの2・3分の間だったもんね。

実は、これが猫だったらここまで気にしなかったと思うのよね。
猫は呼んでもこないし、予測不可能な動きをするので、危ないと
思っても自分も停まらない。たぶん・・・。

けど、犬はちがう。呼べば来るし捕まえる事もだぶん猫より
成功率は高い。やっぱりあの時停まっていればよかったな・・・・・。

はなちゃん、ごめんね。


コメントの投稿

非公開コメント

No title

外に飛び出したはいいけど
どうしたら良いか どこへ行ったら良いか
分からなくなっちゃったのね

子供から目を離すな!と よく言いますが
ペットも同じですね
親の責任は大きいですね

No title

咄嗟の判断って難しいですよね。。
うちの方でもたまにノーリードで散歩させてる初老の方を見かけますけど、
危ないよなぁ・・・と思ってしまいます。

ペットが事故に遭遇したときはやっぱり獣医さんじゃないでしょうか。
緊急の場合は初診でも即対応してくれると思いますから。

No title

>たいたいさま。

ほんとに、あのトキは後悔しましたね。><
やっぱり、あと味わるかったです。


>こだまさま。

いつも思うんですよ。 人をはねたらみんな止まるけど、犬猫の時は
止まらないんですよね・・・。はねた人はどう思ってるんでしょうね。

獣医さんかぁ・・・。さっそくいくつかアイホンに登録しましたよ。

あのあと、飼い主さんが獣医さんに行ったかどうかは不明です。
プロフィール

てるすけ(terusuke_e)

  • Author:てるすけ(terusuke_e)
  • メインクーンのテルとMixのレンとはっちの1日。
    空の写真もぼちぼちと・・・。飼い主の治療記録も少しづつ。デジイチで田舎の風景と空も撮りながら、気ままなBlogを続けてます。(物撮りもやってみてます。^^)

    にほんブログ村 猫ブログへ
    ↑ 猫ブログ参加中・・・・。
    1日1クリック。お待ちしてます。

    FC2 Blog Ranking↑ こちらも参加中・・・・・。
    ぽちっとお願いします。


    ふぉとぎゃらりー2009">ふぉとぎゃらりー2009

    ●著作権について●

    aso'photoと猫内の文章及び写真の著作権は
    管理人terusukeにあります。
    他のブログ・HP・掲示板等への転載を一切禁止します。
    画像の使用に関しては
    個人のパソコン内に限らせて頂きます。

    ■我が家の猫たち■

    20050619175828.jpg

    ・長男坊:テル(メインクーン) 13歳
    息子が中学生の頃に、会社の同僚から仔猫をもらう。初めての猫飼い、第一歩の猫。幼少期に脱走して大ケガ(腹膜破裂)で手術するも元気に回復・・・・。
    そして今は、自分を猫と思ってない行動で飼い主を困惑させる長男坊・・・・・。(息子と兄弟と思っている。) 
    2年前、猫風邪こじらせ危ないところでしたが復活しました。今年もなんとか乗り切ってもらいたい長老さん。5kg

    DSC_5741-1-1_convert_20091024205501.jpg

    ・次男坊:レン(雑種?) 6歳ぐらい?
    6年前に我が家の裏手の雑木林から、ひょろっと現れ、隣のおじいちゃんと談笑していた私の前にきて「うにゃーん」スリスリ・・・と友好的な状態で出現。数日放置(このまま通り過ぎてくれ)していたが居座り、更に餌もとれず、風邪も引いたので病院へ連れていってそのまま我が家へ。
    今、ボス的存在。どうしてもはっちを子分にしたい為、現在仕込みちゅう。最近痩せてきた。が先日病院で計ったら7k越えが判明。先生が 大っきいね〜。と一言。w

    H



    ・三男坊:はっち(野良出身) 3歳ぐらい?
    3年前の10月に、裏の雑木林から実家の風呂場あたりをウロウロしていたところ、私と目があい「あんたどこの仔?」と聞いたら「うにゃん?」と話しかけてきたツワモノ。
    そのまま、我が家に付いてきて数日裏庭で様子をみていたが近所の野良猫がやたら近寄ってくるため、うるさくて保護。その後、家猫修行をはじめる・・・・。現在 たぶん7kぐらい。現在我が家の重量級。
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
リンク
猫 photo 阿蘇
猫 photo 阿蘇
RSSフィード
最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。